クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードローン

おまとめローンの審査で過去の債務情報をしつこく聞かれた、正直に答えるべき?

更新日:

150206b

テレビのコマーシャルなどで、おまとめローンの宣伝をしているのを見たことがあるという人は多いはずです。

一昔前までは一部の金融機関しか行っていなかったサービスでした。それが今では、多くの金融機関でサービス提供するようになっています。

複数のローンを借入していると、月に何度も返済期日がやってきます。その分返済資金を確保するための時間も短くなるので、資金繰りで苦しみます。またそれぞれの返済に利息が付くので返済負担も大きくなります。

おまとめローンの有効性

そこでおまとめローンで融資を受けて、現在抱えている複数の借入先に債務を完済します。そしておまとめローンの融資を受けたところに返済先を一本化してしまうわけです。

そうすれば、利息の負担も軽減されますし、月1回の返済なので1か月まるまる資金調達に時間をかけられます。余裕を持った返済計画が立てられるのです。

他社借入の欄は正直に記入すべし

おまとめローンの申し込みも基本的には、ほかのローンの申し込み手続きと一緒です。申込書に書かれている情報に則り、審査にかけて融資可能かどうかの判断をします。

申込書の中には、他社借入を記入する欄が用意されているはずです。

他社借入の欄で、実際よりも少ない金額や借入件数で申告する人もいます。その方が融資する側の印象が良くなるかもしれないと思っているのでしょうが、そのようなことをしても無駄です。

というのもローン会社では、必ず申し込みがあれば個人信用情報機関に照会しているからです。個人信用情報機関では皆さんの債務の状況を事細かに登録しています。

過少申告なんてすぐにバレる!

ですから過少申告をした所で、たちどころにばれます。真実を話さないお客さんは信用できないということで、それだけで審査を落とされる可能性もあります。

他社借入欄は、ウソ偽りなく正直に情報を申告しているかどうかを試すために書かせていると思ってください。その他には、自分でどのくらいの借金を抱えているか、正確に把握できているかどうかをチェックしているわけです。

多重債務者になると、結局自分は総額どれだけの債務を抱えているのか、理解できなくなっている人もいるからです。

過去の債務整理の事実はどうする?

おまとめローンの審査を受けたことのある人で、金融機関の担当者から「過去に債務整理したことはありませんか?」としつこく聞かれたという人も多いです。債務整理の事実があると、おまとめローンで融資をしても債権回収できなくなるかもしれないと思って入念に確認するケースもあります。

しかしこのような債務整理の有無に関して質問してくる場合、往々にして皆さんの過去を把握していないケースが多いです。債務整理も個人信用情報にやれば登録されます。信用情報を見ればわかることなので、いちいち当人に聞く必要はありません。

たとえ過去に債務整理をしていたとしても、債務整理をしてから5年以上経過していて個人信用情報から抹消されているのであれば言う必要は一切ありません。

もし正直にすでにブラック情報ではない債務整理のことまで話さないといけないのであれば、何のための信用情報かということになりかねません。

では正直にすでにブラック情報から消されている債務整理の過去を話したとします。

そうすればどのように評価されるかというと、基本的には審査を落とされると思ってください。せっかくほかの項目で審査クリアしていても、正直に余計な事を言ってしまったがために審査に落とされるケースもあります。

先に紹介した他社借入件数のようなうそをついているわけではありません。

消えてしまっている過去の債務整理の情報に関しては、言う必要はないのです。

-クレジットカードローン

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.