クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

個人情報の取扱い

自己破産した後に作れるクレジットカードと審査に通る確率を上げるコツ

更新日:

借金を返せなくなり、やむを得ず自己破産をすると、今度は新しくクレジットカードが作れない問題が出てきます。

今やクレジットカードが必須とも言える時代。さらなるキャッシュレス化社会の進行が予想されており、今後はますます必要性が高まっていくことでしょう。

「自己破産した後にクレジットカードを作れないのはなぜ?」
「どうすればカードを作れるようになるの?」

と気になる方も多いのでは。

そこで当記事は、自己破産でクレジットカードが作れない理由、クレヒスの重要性や積み方、審査に通るコツなどを紹介していきます。

この記事を読めば、自己破産後にクレジットカードを持つ可能性がアップする方法を知ることができるでしょう。ぜひ参考にしてください。

自己破産後は一定期間クレジットカードは作れない

なぜ自己破産するとクレジットカードが作れなくなるのでしょうか。まずはその理由についてみていきましょう。

自己破産すると信用情報機関にブラックリストとして登録される

信用情報機関とは、クレジットカードやカードローンの利用歴、そして債務整理歴(自己破産や任意整理)の記録を取り扱う機関です。

自己破産すると、信用情報機関に記録が残ります。これを「ブラックリスト」と呼ぶことも。

ブラックリストとして扱われると、基本的にどのクレジットカードも審査の時点で断られてしまします。というのが、カード会社は自身が加盟している信用情報機関の記録を参照できるからです。

カード申込み時に自己破産したことを尋ねられることはありませんし、わざわざ申告する必要はありません。それでも結局バレるのは信用情報機関の存在があるからなんですね。

JICC、CICは5年間、KSCは10年間作れなくなる

信用情報機関は次の3つがあります。

  • JICC
  • CIC
  • KSC

各機関ごとに加盟している主な会員、そして自己破産履歴の記録期間をまとめると次の表のとおりです。

信用情報機関 JICC CIC KSC
主な会員 消費者金融、信販会社 クレジットカード会社 銀行、銀行系カードローン
自己破産歴の登録期間 5年 5年 10年

JICCとCICは5年間、KSCにいたっては10年間も自己破産記録が残り続けることになります。かなり長いですね。

各団体の会員一覧は、以下のページから確認できます。

つまり、自己破産すると最低でも5年、長ければ10年も新たにクレジットカードを作成できないことになってしまいます。

自己破産者でもクレジットカード審査に通るための8つのコツ

それでは自己破産者は一体どうすればクレジットカードの審査に通るようになるのか、ここからは審査に通るためのコツを8つ紹介しましょう。

1. 登録期間が終了していること

信用情報機関に登録された自己破産履歴が終了していることが大前提になります。

最低でも5年間、KSCに登録された場合は10年間の月日が経ち、ブラックリストが削除された状態でなければクレジットカードは作れません。

2. 自己破産した時と同じ会社には申込まないこと

信用情報機関の金融事故情報は一定期間を経て削除されますが、クレジットカード会社に記録が残り続けている可能性があります。
これを「社内ブラック」と表現することも。

そのため、自己破産時に利用していたカード会社、および関連会社には申し込まないほうが無難です。

3. 連絡先を持っていること

住所、電話番号、メールアドレスなど、連絡先を持っていることはクレジットカード申込みの絶対条件です。

今はネット申込みが主流になり、利用明細確認や各種手続きもオンライン上で行えます。
メールアドレスを始めとしたネット環境を整えたほうが絶対に良いですね。
パソコンを持っていなくても、データ通信ができるスマホがあれば大丈夫。

4. 安定した収入を得ていること

こちらも欠かせない要素です。
クレジットカードは支払能力のない人にカードを発行することはまずありません。

年収が高くある必要はなく「安定して得られているか」のほうが重要です。
もちろん大いに越したことはありませんが、毎月必ず給料がもらえているなら、さほど気にしなくても大丈夫でしょう。

5. CICとJICCのどちらか一方に属する会社に申込むこと

CIC、JICC、KSCは「CRIN(クリン)」という情報ネットワークでブラック情報を共有しています。

またCICとJICCは「FINE(ファイン)」という共有ネットワークを構築。

そのため「3つのうち、いずれかに自己破産が登録されると、全部に伝わるんだ」と考える人も多いようです。

しかし自己破産情報はCRINやFINEの共有事項に含まれていません。

つまり、事故情報が記録されていない信用情報機関に加盟するカード会社に申し込めば、自己破産者であることがバレずに済む可能性があります。

例えばJICCに事故情報が登録されているなら、JICC加盟カード会社の審査はまず通りません。

しかし、CIC、KSCは「事故情報はあるけれど、自己破産とはわからない状態」なので審査に通る可能性はゼロではない、と判断できます。

クレジットカード会社はCIC、JICCのどちらか、あるいは両方に加盟していることがほとんどです。

自己破産後にカードの申込みを考えているなら、CIC、JICCのどちらか一方に属するカード会社に申し込むように心がけましょう。

6. 1度に多重申込みをしないこと

「審査に通らなかったとき、また他のカード会社に申し込むのが面倒…一度に申し込んで、通ったらそのクレジットカードを使おう!」

ついついやってしまいがちな多重申込みは絶対NGです。

いわゆる「申し込みブラック」として扱われる可能性があります。

信用情報機関はカード申し込み履歴を記録し、他情報機関と共有しています。

その結果…

「この人は複数社に申し込んで、たくさんのカードを作ろうとしている!」
「使えるだけ使って、借りられるだけ借りて、そのまま踏み倒す気では?」

と疑われ、審査落ちの原因となりかねません。

申込み履歴は最短6ヶ月間保存されます。

なので、どこか1社に申し込んだら最低でも6ヶ月以上の期間を空けてから、他カード会社に申し込むようにするのが理想です。

7. 利用限度額を低くする or キャッシング枠を0円にすること

クレジットカード申込時は利用限度額を低く設定したり、キャッシング枠を0円にすることで審査通過率を高められます。

希望限度額が高かったり、キャッシングを希望すると、その分だけカード会社にとってはリスクが高くなるため、審査が厳しくなるからです。

カード会社から見れば、多額の利用やキャッシングは踏み倒されたときのダメージが大きく、慎重にならざるを得ません。

最初は必要最低限の限度額で申込み、必要になったら改めてキャッシングを申し込む。

これがベターな選択になります。

利用実績(クレヒス)を積み重ねれば、問題なく増額やキャッシングが利用できるるようになるでしょう。

8. クレジットヒストリー(クレヒス)を積んでいること

クレヒスはクレジットカードの利用歴のこと。

適度にショッピング利用し、その都度きちんと適切に支払っていればクリーンなクレヒスを築き上げられます。

延滞を繰り返すような人は「悪いクレヒス」が信用情報機関に記録され、カード会社は審査時にこれを参照。

いわゆるブラック扱いになり、審査に悪影響をもたらします。

また、まったくクレヒスが無いのも審査に通りづらくなる原因に。

この状態を「スーパーホワイト」と表現することもあります。

特に自己破産後は、少なくとも5年間はクレジットカード履歴が全く残っていない状態です。

実際には自己破産前までは利用していても「クレヒスがまったく無い」とみなされる可能性があります。

クレヒスが無いから絶対に審査に通らない、というわけではありませんが、信用を得るには多少の履歴が必要。

信用情報機関に良質なクレヒスを積み上げていく必要があります。

クレヒスを積む方法

ここからはどうすればクレヒスを積めるのか、その具体的な方法を紹介していきます。

公共料金を毎月カードで引き落とす

多くの公共料金はクレジットカード払いに対応しているので、毎月の支払いをカードで引き落とすようにしましょう。
公共料金の一例として次の2つが挙げられます。

  • ガス代、電気代などの光熱費
  • 電話代、携帯電話代、プロバイダ料金などの通信費

要は毎月固定で支払う料金ですね。

クレヒスを積めるだけでなく、月々の支払いでカードのポイントも貯められるので、メリットが大きいのが嬉しいところ。
ぜひ活用しましょう。

もしクレジットカードを持っていないなら、次から紹介する2つの方法を検討してみてください。

スマホの分割払い契約をする

携帯電話本体やスマートフォン端末を割賦払いで支払っている方も多いでしょう。

割賦払いは「分割払い」だと思って問題ありません。

実はこの割賦払い、信用情報機関に利用歴が記録されます。

つまり、クレジットカードを持っていない人でもクレヒスを積み重ねられるというわけです。

もちろん割賦払いの支払いに滞りが出れば延滞扱いになり、悪いクレヒスが残ってしまいます。

しかし身近にクレヒスを得られる方法なので覚えておきましょう。

ハウスカードで実績を積む

最近ではめっきり数が減ってしまったハウスカード。

こちらは発行している企業・系列企業店舗でのみ利用できるクレジットカードです。

例えば次の3つのお店で発行されています。

  • スーパー
  • 百貨店、デパート
  • ガソリンスタンド

一般的なクレジットカードはVISAやMasterCardなどの国際ブランドによって決済されますが、ハウスカードは国際ブランドが付属しません。

そのため他店舗では使えない仕組みになっています。

特定店舗でしか使えませんが、そのおかげで審査は比較的易しめ。

十分なクレヒスを持たない人でも発行できるチャンスがあります。

また、企業から見て顧客確保・顧客サービスの側面が強いカードなので、強力な特典が用意されていることがほとんどです。

まずはハウスカードで利用実績を重ねて、クリーンなクレヒスを作ってから一般的なクレジットカードに申し込むと上手くいきやすいでしょう。

例えば車を持っているならガソリンスタンド系のハウスカードを作れば、無理なく利用頻度を確保できますし、ハウスカードならではの特典が受けられてお得にサービスが受けられるようになります。

クレヒスを積むための1枚目のおすすめクレジットカード

それではクレヒスを積むのに最適な、1枚目に選びたいクレジットカードを紹介しましょう。

次の2つの観点からおすすめします。

  • 入手しやすい
  • 使い勝手の良さ

どのカードを選ぼうか悩んでいる方は参考にしてくださいね。

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)
ハイステータスカードの代表格であるアメックスグリーン。

「クレヒスが無いと審査が厳しいのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、最近のアメックスは入手難易度が易しくなってきていて、1枚目に選びやすくなっています。

年会費は初年度無料、2年目以降12,960円(税込)が必要とそれなりのコストがかかりますが、とにかく充実した特典が魅力的です。

ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」は利用金額100円につき1pt。

交換先によって還元率が変動しますが、基本は還元率1.0%と高還元です。

貯まったポイントは商品交換、ANAマイルやTポイント、楽天ポイントなどと交換…と実に豊富な使いみちが用意されています。

そのほかにもプライオリティパスや、手荷物無料宅配サービスといった特典も。

また補償も充実していて、最高5,000万円の海外旅行保険、ネット上の不正利用を全額補償するオンライン・プロテクションなど、安心して使えるサービスが提供されています。

海外旅行に出かける機会の多い人や、普段から安心してカードを使いたい方にピッタリ。

充実の特典と補償を受けながら、クレヒスを積み重ねたい人に最適な1枚です。

ACマスターカード

消費者金融のアコムが発行している「ACマスターカード」は、カードローンとクレジットカードが1つになったカードです。

アコムが審査・発行していることもあり、クレジットカードでは珍しく、最短即日でカード発行が可能です。

自動契約機(むじんくん)で発行してもらえます。

年会費は無料で、国際ブランドは名前のとおりMasterCardのみ。

家族カードやETCカードといった追加カードには対応していない、極めてシンプルなスペックです。

ACマスターカードにはポイントプログラムが付帯されていませんが、毎月の利用金額から0.25%が自動でキャッシュバックされる制度を採用しています。

例えば10万円を使ったら、250円が自動でキャッシュバック。

ポイントの有効期限や、面倒な交換手続きは不要です。

ただし支払い方法がリボ払い限定になっている点だけ注意してください。

他クレジットカードの審査に通らなかったり、シンプルに使いやすいカードを選びたい方はぜひ検討してみてください。

その他のよくある質問

ここからは自己破産とクレジットカードに関するよくある質問をQ&A方式で紹介していきます。

自己破産前に持っていたクレジットカードはどうなりますか?

自己破産した時点で強制解約となります。

当然、使用できない状態です。

カード会社から解約に関する連絡や書類が送られてくるので、そちらで支持を仰いでください。

カードを破棄するよう言われたら、ICチップ部分と磁気テープ部分にハサミを入れて、情報を読み込めない状態にした上でゴミ処理しましょう。

自己破産後に申込んだクレジットカードの審査に落ちたらどうすればいいですか?

再度申込みは少なくとも半年後(6ヶ月)は空けてから行うようにしてください。

申し込みブラックになる可能性があります。

また、クレジットカードの業種を変更するのも有効な手段です。
例えば上記したACマスターカードが挙げられます。

それでもダメだったときはハウスカードにチャレンジしてみましょう。

自己破産後すぐにクレジットカードを持つことはできますか?

基本的に難しいと言わざるを得ません。

自己破産後は信用情報が限りなく悪い状態なので、どのカード会社も審査の時点で断るでしょう。

もし配偶者や両親、子どもがクレジットカードを持っているなら「家族カード」も手段のひとつ。

これなら自己破産後でも持てる可能性があります。

家族カードの利用額は本カード会員に一括請求されるので「自分のカード」とは言い難いですが、クレジットカード払いが利用できますし、カードの付帯特典が適用されるメリットも。

もちろん本カード会員の同意があって初めて発行できるものなので

「クレジットカードが作れるようになるまでの間だけだから!」

と行った具合に、まずは相談してみましょう。

まとめ

自己破産でクレジットカードが作れないのか、どう対処すれば良いのか、などを紹介しました。
ポイントをおさらいしましょう。

  • 自己破産するとブラックリストとして登録される
  • 最低でも5年間、長いと10年間、自己破産記録が残り続ける
  • 自己破産後のクレジットカード申込みはクレヒスがとても重要

以上3点が挙げられます。

「自己破産したけれど、いつになったらクレジットカードが作れる?」
「自己破産後のクレジットカードはどれを選べば良い?」

そんな方は、この記事を参考にスムーズな自己破産後のクレジットカード獲得を目指してくださいね。

-個人情報の取扱い

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.