クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

悪徳な業者への対応

クレジットカードの現金化はルール違反なので利用すべからず!

更新日:

150219a

テレビのニュースや新聞などで報道されているので、クレジットカード現金化が問題になっていることを知っている人もいるはずです。

クレジットカードの現金化とは、通常ショッピング決済のために利用する枠を使って、現金を手に入れる手口です。

クレジットカードにはそもそも、現金借り入れをするためのキャッシング枠もショッピング枠とは別に設定されています。

しかしこのキャッシング枠を使い切ってしまった、もしくはもともとキャッシング枠ゼロにしている人で現金が必要な人が利用する傾向が見られます。

クレジットカード現金化のシステム

クレジットカード現金化のシステムですが、通常は以下のような感じになります。まず業者に申し込みをすると、タダ同然の品物を購入するように要求されます。

ディスクとかの形ばかりの商品です。その商品を購入するときに、クレジットカードを利用します。

そうすると、現金化業者から手数料としていくらか差し引いた現金が口座に振り込まれます。

そして皆さんはショッピング代金を業者に返済するのではなく、カード会社に支払う形になります。

一部業者の中にはさらに簡略化している所もあります。上で紹介した商品を渡さずに、いきなり現金を渡すというシステムを取っている所も出てきています。

一見すると、クレジットカードを使ってある商品を購入します。そしてカード会社にその代金を支払えば、問題はないような感じがします。商品内容を外して考えれば、普通にショッピングしているのと一緒です。

クレジットカード現金化業者もそのような主張をしますが、問題点がいくつかあります。

価値のないものを購入する行為が問題

クレジットカードの現金化では商品を買うという形はとっているものの、名ばかりです。ディスクのようなあまり価値のないものを、例えば20万円とか30万円とかの借入のためにカードで購入する形を取ります。

大した価値のないものに対して、何十万円のクレジット決済をするわけですから、金利で考えるととんでもない金利になります。年利で数百%の単位の金利になる恐れもあります。

クレジットカードを使って誰が見ても価値がそれほどないものを購入する、すなわち取引をする行為はカード利用における違反行為です。

しかも先ほど紹介したように、業者には事実上法外な金利を支払っているのと一緒なのです。

ところが利用者は普通にショッピングするときにクレジットカードを使っているだけという、別に悪いことをしている意識がありません。これがクレジットカード現金化の問題を複雑にしているとも言えます。

カード会社も知ることに

先ほども紹介したように、クレジットカード現金化はルール違反の行為です。このため、クレジットカード現金化を利用した場合、カードの利用停止や強制解約になっても決しておかしくないということを認識しないといけません。

それでも中には、現金化したことはばれないのではないかと思っている人もいます。

カード会社もクレジットカード現金化が社会問題となっている以上、常に情報を収集しています。その中で、どのような業者がクレジットカードのショッピング枠を現金化しているかの情報更新があります。

まとめ

もし皆さんの利用履歴を見て、ショッピング枠現金化のサービスを行っている所が含まれれば、いずれはばれます。

そうなれば、カードの利用停止や強制解約の可能性が出てくるわけです。

クレジットカードのショッピング枠は、あくまでも正当な買い物に利用されるべきものです。ショッピング枠を使って、現金を手に入れようという考えをめぐらさないようにしてください。

-悪徳な業者への対応

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.