クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

ゴールドカード

ゴールドカードの特典の1つ「サービスデスク」でカードを選ぼう

更新日:

20151223

ゴールドカード以上のハイグレードカードには特典として「サービスデスク」が用意されています。

と言っても、各カード会社によって得て不得手があるのも事実。ということで今回はゴールドカードのサービスデスクにスポットを当てて考察していきます。

カード会社の提供するサービスデスクを考える

それぞれのカード会社が用意しているサービスデスクはかなり偏っていることが多いです。

これは各カード会社がどのようなサービスを提供してきたのか、どういった背景で事業を拡大してきたのか、と言った部分が影響しているようです。

同時に、カード利用者の属性などの関係していると予想されます。

海外旅行のサービスデスク

サービスデスクを利用する場面が多いのは海外旅行や海外出張時ではないでしょうか。

例えば英語は話せるけれど現地語は話せない…と言った場合は自力でホテルやレストランの予約をとるのはなかなか大変です。こういったときにサービスデスクを利用すれば予約代行してくれるので一安心。

海外旅行のサービスデスクについては「JCB」が強いと言われています。

その理由は日本語で対応できるスタッフが常駐していること、迅速な対応が評価されていることが挙げられます。

JCBと同じように、VISAやMasterCardにも海外旅行時に利用できるサービスデスクが用意されていることがありますが、基本的には現地の発行法人が対応することになるため、少なくとも英語は話せないといけません。

その一方で、JCBは海外で利用するには少し加盟店が少ない印象があります。特にヨーロッパ、アフリカでは加盟店が少ないと言われています。

なので、現地で決済する場合はVISAやMasterCard、サポートデスク用にJCBを持っていくのが一番安心できる組み合わせかもしれませんね。

チケットの手配

チケットの手配も各カード会社によって得意とするところ、不得意とするところがハッキリと分かれている傾向にあります。

サービスデスクの件では大変魅力的なJCBですが、国内線航空券やJRの手配に関しては非の打ち所が無いレベルです。また人気のコンサートチケットの手配にもかなり強力。

ただ一方で海外になるとチケット手配は少し弱い印象があります。しかし定番の観光地にはJCBカード会員専用のサロンが用意されているなどサポート体制はしっかりしている印象です。

チケット手配に強いカード

そしてチケット手配でかなり強いのが「アメックス(アメリカンアメリカンエキスプレス)」です。

国際線航空券やギフトにとても強く、元祖T&E(トラベル&エンターテインメント)系カードと言われているだけあります。

エンタメ系に強いので海外旅行を存分に楽しみたいならアメックスがいいかもしれませんね。

ただしアメックスのゴールドカードは取得難易度がとても高く、これが一番のネックになるかも…。

-ゴールドカード

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.