クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

ゴールドカード

ゴールドカードによって使える空港ラウンジは異なる!目的に合わせてカードを選ぼう

更新日:

20151228

ほぼ全てのゴールドカードには「国内空港ラウンジ利用権」が特典として付帯されています。

つまり、ゴールドカードを提示することで、空港ラウンジを無料で利用でき、フライト時間まで快適に過ごせる、というわけですね。

国内旅行はもちろんですが、海外旅行にも出かける機会が多い方は空港ラウンジはとても魅力的なものだと思います。

しかし各カード会社のゴールドカードによって利用できる空港ラウンジが違ってきます。となると、自身が良く利用する空港で使えるゴールドカードを選ぶのが最適だといえそうですね。

ちなみに、空港ラウンジには大きく分けて2種類あります。ゴールドカード提示によって利用できるのは「手荷物検査」の前にあるラウンジとなります。

手荷物検査以降のラウンジは航空会社が用意しているものなのでゴールドカード提示による利用は基本的に不可能です。

ただし「ANAプレミアムカード」など一部のゴールドカードは利用できる場合があります。

ゴールドカードで利用できる空港ラウンジ

ほとんどのゴールドカードは主要国内空港のラウンジサービスが利用できるようになっています。

しかし、海外の空港ではカードによって利用できる空港とそうでないところがあるので注意しておかなくてはなりません。

JCBカード (JCBゴールドカード)

    新千歳空港

    函館空港

    青森空港

    秋田空港

    仙台空港

    新潟空港

    富山空港

    小松空港

    成田国際空港

    羽田空港

    中部国際空港

    伊丹空港

    関西国際空港

    神戸空港

    徳島空港

    高松空港

    松山空港

    岡山空港

    米子空港

    広島空港

    山口宇部空港

    北九州空港

    福岡空港

    長崎空港

    熊本空港

    鹿児島空港

    那覇空港+ハワイホノルル空港

同伴の扱いについてですが、これはそれぞれのラウンジによって変わってきます。

無料で利用できるところもあれば追加料金が必要なところもあるのでスタッフに尋ねてみましょう。

アメリカンエキスプレス (アメリカンエキスプレスゴールドカード)

同上+ハワイホノルル空港・韓国仁川国際空港

アメリカンエキスプレスの場合は同伴1名まで無料でラウンジが利用できます。流石T&E系カードですね。

三井住友VISAカード (三井住友VISAゴールドカード)

同上。海外の空港ラウンジでは利用不可。

同伴の扱いはJCBと同じでラウンジことで対応が異なります。

海外旅行が多いならプライオリティパスつきを選ぼう

上記した通り、ゴールドカードに付帯されている空港ラウンジサービスは国内空港に限定されていると言っても過言ではありません。

では海外のラウンジを利用する場合はどうすればいいのか、というと「プライオリティパス」を利用する形になります。

プライオリティパスは年会費399ドルで利用できる非常に高額なものです。

ですが一部のゴールドカード(例えば楽天プレミアムカードなど)にはプライオリティパスが付帯されているので、海外旅行が多い方はこういったものを選ぶのが正解だと思います。

ちなみにプラチナカードになるとプライオリティパスが標準で付帯されていることがほとんどですので、条件さえ合うならゴールドカードからプラチナカードにアップグレードしてみるのもいいかもしれませんね。

-ゴールドカード

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.