三井住友VISAアミティエカードは女性専用の魅力が満載

近年のクレジットカードはただ買いものや遊びに利用するだけでなく、ポイントを貯めて節約したり、ステータスを誇示したり、なにかに特化した使い方で割り引きを受けたりなど、多種多様な性格を持つようになっています。


ユーザー側からすると、最初は戸惑うかもしれませんが、自分のライフスタイルにぴたりと合ったカードをみつけられれば、それだけで生活が豊かになるでしょう。
そんな中、日本で最も信頼のおけるクレジットカードである三井住友VISAカードが提供するのが三井住友VISAアミティエカードです。

間もなく学生を卒業する女子学生、バリバリ働くキャリアウーマン、限られた家計を効率的に節約する主婦など、女性のために作られたクレジットカードです。
三井住友VISAという信頼できる名前をバックに持ちながら、女性ならではの特典が盛りだくさんです。例えば、ショッピングで貯められるポイントもバッチリですし、忙しくて買いものに行けない人の味方であるAmazonや楽天などのショッピングサイトも、提携ポイントUPモールを経由すれば通常の2倍~5倍のポイントを手にすることができます。

三井住友VISAアミティエカードは女性限定のカードでありながら、国内外へ旅行や出張にも大いに役立ちます。活動的な女性が持つなら、間違いなくこの1枚でしょう。

公式ページへ

三井住友VISAアミティエカードの特徴




女性や主婦のためのクレジットカード!
ネット申し込みで初年度の年会費は無料!
旅行やショッピング保険が充実!
携帯電話などの支払いポイントが2倍!


女性や主婦のためのクレジットカード!


三井住友VISAアミティエカードは女性だけしか持つことのできない特別なクレジットカードです。満18歳以上の女性が申し込むことができ、女性ならではのカードデザイン、特典などが充実しています。学生、社会人、主婦など、いろいろな身分においてその効果がバッチリ享受できる仕組みになっているので安心です。また、海外に強いので、旅行などでも大いに活躍できる1枚です。


ネット申し込みで初年度の年会費は無料!


三井住友VISAアミティエカードの年会費は1250円+税になっています。このアミティエカードは三井住友VISAクラシックカードAとほぼ同じくらいの機能を持っていますが、あちらは年会費1500円なので(クラシックカードはアミティエカードと同じ1250円)、お得に利用できるのはメリットですね。しかも、インターネットを通して入会した場合は初年度年会費が無料。さらに、「カードご利用代金WEB明細書サービス」に登録すれば500円割引で年会費は750円です。もし「マイ・ペイすリボ」にも登録しておけば翌年以降の年会費は無料になります。


旅行やショッピング保険が充実!


三井住友VISAアミティエカードは国内外の旅行保険が付帯していて、最大で2500万円の補償を受けられます。旅行や出張などで安心ですね。しかも、24時間体制のサポートデスクもあるので、国内外問わず、なにかトラブルに巻き込まれても大丈夫です。また、女性といえばショッピングかと思いますが、三井住友VISAアミティエカードなら買った商品への保険も充実。盗難や破損などの被害に遭っても購入日から90日以内であれば100万円まで補償してくれます。アミティエカードの限度額は最大で80万円なので、十分カバーされる額かと思います。


携帯電話などの支払いポイントが2倍!


女性はなにかと電話を使いますね。友だちと話したり、キャリアウーマンなら仕事で使いますし、主婦ならご家族との連絡に利用するでしょう。そんなとき、「カードご利用代金WEB明細書サービス」を使いましょう。携帯電話やPHSの利用料金分のポイントが2倍になりますよ。これはアミティエカードならではのサービスです。
アミティエカードのポイント還元率はほかの三井住友VISAカードと同じ、一般的な0.5%レベルです。ところが、このサービスを利用して携帯電話料金を支払えば還元率を1%にできます。


三井住友VISAアミティエカードはポイントを貯めることはもちろんのこと、女性の旅行やショッピングに対する補償が嬉しいクレジットカード。女性の方は要チェックです。

公式ページへ

三井住友VISAアミティエカード


キャンペーン情報など カード
おすすめキャンペーン実施中です!
もれなく最大7,000円キャッシュバック!
年会費 初年度 初年度会費無料
2年目以降 1,250円(税抜)
申し込み資格 満18歳以上の女性の方(高校生は除く)
発行期間 約1週間
海外旅行保険期間 期間は最長90日
保険適用条件 事前の旅費などの当該カードでのお支払い有無により
海外旅行保険 死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病治療 最高100万円
賠償責任 最高2,500万円
携行品損害 20万円 自己負担:1事故3,000円
(1旅行中かつ1年間の限度額)
国内旅行保険 死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病治療
賠償責任
携行品損害
空港ラウンジ
ショッピング限度額 10〜80万円
キャッシング 0〜50万円
電子マネー iD、WAON、PiTaPa、Visa payWave
ETCカード 無料
支払い 一回 ニ回 ボーナス 分割 リボ その他


公式ページへ

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ