三井住友VISAクラシックカードは日本で最も信頼度の高い定番カード

三井住友VISAクラシックカードは日本で最も安心できるクレジットカードのスタンダード版でしょう。


三井住友VISAカードといえば、もう日本においては知名度と信頼度はナンバーワンです。

三井住友という超安心のネームに、VISAという世界シェアでトップを独走するナンバーワン国際ブランドが組んでいるわけですから、これ以上のカードはありません。
実はVISAカードを日本で初めて発行したのがこの三井住友です。やはりなんでも元祖が一番ですから、間違いなく三井住友VISAクラシックカードが定番の中の定番だと言えるのです。

今では三井住友VISAカード全体で約2300万人もの会員を抱えています。
これはまさに最大手の証拠であり、ネームバリュー以上に安心感があるのです。

そんな三井住友VISAクラシックカードは日本国内だけでなく、海外でもその威力は衰えません。
海外旅行保険や、海外で被害に遭いやすいスキミングや不正利用などに対する補償もまた、大手らしくしっかりしています。
カードを持つことで大人としての地位を得たければ、まずは三井住友VISAクラシックカードから始めてみましょう。

公式ページへ

三井住友VISAクラシックカードの特徴


どこで出しても恥ずかしくない!
海外旅行に絶対的に強い!
iD利用ができる!
意外なところで割り引きが受けられる!




どこで出しても恥ずかしくない!

三井住友VISAクラシックカードは知名度も信頼度もバツグンのカードです。しかも、他社の発行するVISAカードよりもずっと信頼度は高いですし、三井住友という銀行系カードにもなりますから、どこで出しても恥ずかしくない、最も安心できるカードです。
欧米ではクレジットカード保有者こそ一人前で、そのときにこのカードを持っていれば、海外でも認められた存在になるでしょう。
これは見栄? 違いますね。特に銀行系カードは審査が厳しいですから、しっかりとした身分を認められ、与えられたという意味で、ちゃんとした社会人の証なのです。



海外旅行に絶対的に強い!

三井住友VISAクラシックカードは海外旅行に強いです。
なんといっても、世界シェアトップのVISAカードですからどこでも使えるので、携えていればまず困窮することはありません。
また、しっかりした運営なので、盗難や紛失、不正利用に対する補償に問題はありませんし、サポートデスクもあります。
また、持っているだけで付帯する海外旅行保険もあるので、より安心です。



iD利用ができる!

iDというのは、三井住友が運営している電子マネーのことです。
コンビニやスーパー、レストランやタクシー、自動販売機などで利用できます。
このiDは三井住友VISAカードだとカードに搭載可能なので、どこでも気軽に利用できるメリットがあります。クレジットカードですからチャージも不要。時間の無駄なく利用可能です。
しかも、使った分だけポイントが加算されます。1000円ごとに1ポイントをゲットできるのですが、請求時の合計を1000円単位に区切るので、100円の買いものでも貯まって1000円以上になっていればポイントゲットとなり、より貯めやすいです。



意外なところで割り引きが受けられる!

三井住友VISAクラシックカードは意外なところで割り引きが受けられるお得なカードです。例えばユニバーサルスタジオジャパンのチケットが570円引きで購入できるなど、家族サービスやデートで大いに効果を発揮します。また、宝塚歌劇団の先行販売や割引チケットも手に入るので、エンターテインメントに強い一面も持ち合わせています。

安心の三井住友VISAカードの中で最もスタンダードな1枚、三井住友VISAクラシックカード。クレジットカード入門にはピッタリです。

公式ページへ

三井住友VISAクラシックカードのスペック


キャンペーン情報など カード
おすすめキャンペーン実施中です!
もれなく最大7,000円キャッシュバック!
年会費 初年度 初年度会費無料
2年目以降 1,250円(税抜)
申し込み資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
発行期間 約1週間
海外旅行保険期間 期間は最長90日
保険適用条件 条件記入
海外旅行保険 死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病治療 最高50万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 15万円 自己負担:1事故3,000円
(1旅行中かつ1年間の限度額)
国内旅行保険 死亡・後遺障害
傷害・疾病治療
賠償責任
携行品損害
空港ラウンジ
ショッピング限度額 10〜80万円
キャッシング 0~50万円
電子マネー iD、WAON、PiTaPa、Visa payWave
ETCカード 無料
支払い 一回 ニ回 ボーナス 分割 リボ その他


公式ページへ

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ