クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードの審査

必要なければキャッシング枠を希望せずに申し込みをすればクレジットカード審査の可能性がアップ

更新日:

141207s

クレジットカードを利用するにあたって、通常はショッピングをする時にカード決済する機能を使っている人が多いでしょう。

しかしクレジットカードにはショッピング機能の他にも、キャッシング機能も付いています。

キャッシング枠とは簡単に言ってしまうと、カードローンのようなものです。

自分の持っているクレジットカードの、もしくは提携しているATMやCDで手続きをすればお金を借りられるサービスです。自分の口座からお金を引き落とすように借入ができます。

海外でも使えるクレジットカードを持っていると、キャッシングサービスは確かに重宝します。たとえば現地で現金が足りなくなったときに、自分のカードに対応しているATMを利用すれば、必要な分だけ現地の通貨で借入できるからです。

キャッシング枠を設定すると審査が厳しくなる?

キャッシング枠をつけるかどうかは、申し込みの時に皆さんの意志で決められます。

別にキャッシングを利用することはないだろうと思っているのであれば、キャッシング枠なしで申し込みをしてください。その方が、審査を通過できる可能性が高まるからです。

なぜキャッシング枠をつけると審査が厳しくなるかというと、総量規制が関係しているからです。

総量規制とは

総量規制とは、2010年に施行された改正貸金業法の中で規制されているルールです。テレビのニュースなどでたびたび取り上げられていたので知っている人も多いのではありませんか?

総量規制とは、自分の年収の1/3を超えて融資のできないルールです。ではなぜ、総量規制がついているとキャッシング付きのクレジットカードの審査に受かりにくくなるのでしょうか?

総量規制における借入は、キャッシングの場合、カードローンとの合算になります。

たとえば年収300万円の人は、最大で借入できるのは100万円までです。

ところが80万円の借入をしていれば、30万円のキャッシング枠のついているカードに申し込みをしても、審査で落ちてしまいます。

しかも「30万円ではなく総量規制ギリギリの20万円ならOKですよ」という提案をカード会社はしないのが普通です。自動的に審査落ちしてしまうのです。もしキャッシングを使うつもりがないのであれば、キャッシング枠を0にしてしまえば、その方が審査に受かる可能性が高まるわけです。

セキュリティの意味でも重要

キャッシングを使うつもりがないのであれば、キャッシング枠をつけない方がいいというのにはもう一つ理由があります。それはセキュリティの問題です。クレジットカードの被害で比較的多いのが、スキミングや盗難という問題です。

盗難であれば、カードのなくなっていることに気づけるので早めに対処できることもあります。

ところがスキミングとは、専用の機械にカードを通すだけで同じ情報の入ったカードをコピーできてしまいます。別にカードそのものを盗まれたわけではないので、気づかずに被害が悪化するケースもあります。

実はスキミングの手口は年々巧妙化していて、被害件数は増加傾向にあります。このようなスキミングでは、ショッピングではなくキャッシングで早く現金化して荒稼ぎをするパターンが多いです。

まとめ

このため、キャッシングを利用しないのであれば、キャッシング枠をゼロにしておいた方がいいとよく指摘されます。

このようにキャッシング枠をゼロにすれば、審査に通りやすくなるだけでなく、セキュリティの意味でもメリットがあります。

キャッシングをつけるべきかどうかは、総合的に考えてどうした方がいいのかを判断してみてください。

-クレジットカードの審査

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.