クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

個人情報の取扱い

元ブラックが再度カードを持つならANAアメックスという情報を確認してみた

更新日:

141116

債務整理の手続きをすると、金融事故として信用情報に登録されます。

いったん事故情報が登録されると、新しくクレジットカードを作るのはほぼ不可能になると思ってください。個人信用情報の事故情報は、5年間は少なくても掲載されます。

ですから新しくカードを作るのであれば、5年間は待った方がいいです。

いち早くクレジットカードを持ちたい人はANAアメックスカードを検討すべし?

中には、どうしても事故情報が抹消される前にカードを持ちたいという人もいます。

ビジネスでクレジットカードを使うからなど、切実なケースも見られます。実はブラックでも作れるクレジットカードという情報は、しばしばインターネットで流されています。
参考:超ブラックでも作れるクレジットカードって存在する?

その中でもしばしば取り上げられているのは、「アメックスカードは審査が甘い」というものです。元ブラックの人はANAアメックスに申し込むのが確実などと、紹介されているサイトもあるくらいです。

ANAアメックスの審査は甘い?

インターネットの情報は虚実入り混じっている傾向があります。ANAアメックスの評判に関しても、インターネットの中では審査が甘いとかなり定着化している傾向が見られます。しかし勘違いをしてはならないのは、ANAアメックスの審査はそこまで甘くはないという点です。

まず審査をするにあたって、カード会社は個人信用情報機関に照会します。

そして過去に金融事故などのトラブルを起こしたことはないか確認をします。アメックスは、複数の個人信用情報機関で照会を行います。

カード会社や信販会社系の利用するCICと消費者金融系や信販系のJICC、銀行系の全銀協すべてに照会をしています。債務整理をするとCICやJICCでは5年間、全銀協では10年間その情報が記録され続けます。

つまり向こう10年間の債務整理の事実は審査をしている段階で、アメックスではお見通しなのです。

ですから、ブラックの人でもいとも簡単にカードを発行しているような感じで紹介しているサイトもあります。しかしこのような情報には誇張や虚偽も多分に含まれているということも頭の中に入れておくべきです。

なぜアメックス=審査が甘いになったのか?

このように言われると、「なぜアメックスは審査が甘いといわれるようになったの?」と疑問に感じる人もいるはずです。実はアメックスはアメリカの外資系カード会社ということもあって、日本国内のカード会社とは多少異なる審査方法をとっていることが原因といわれています。

通常国内のカード会社では、信用情報を審査で重視する傾向が見られます。このため、過去に事故を起こした人はほぼ間違いなく審査で落とします。

ところがアメックスの場合、その人の属性の方を重視する傾向があります。つまりどのような仕事をしていていくらもらっているのか、その給料は将来にわたって安定してもらえるものなのかをチェックしているのです。

「ブラックでもアメックスは通る」は勘違い?

アメックスでは、オリジナルのスコアリングシステムを有しているといわれています。このため、属性の優れている人であれば、債務整理から5年経過していないような人でもカードを発行するケースがあるわけです。

日本国内のカード会社とは、かなり異なります。

あくまでも「ブラック情報を持っている人であっても、属性が良ければカード発行されることもある」程度の話だったのです。

ところがその話にどんどん尾ひれがついてしまって、「ブラックでもアメックスは通る」とか「アメックスは審査が甘い」という話になっていったようです。

属性がしっかりとしていないのであれば、ブラックはアメックスカードでも審査に落ちます。この辺の誤解がないようにしておくべきです。

-個人情報の取扱い

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.