クレジットカードブラックでも家族カードなら作れる?

150328b
クレジットカードブラックになると新しくクレジットカードを発行するのは難しいです。

審査の段階でクレジットカード会社やカードローン会社は必ず信用情報機関に問い合わせて申し込み者がブラックかどうかを確認しているためです。

しかし、日常生活を送る上でクレジットカードを必要とする場面はいくつもあります。特に最近ではインターネットショッピングが手軽にできるようになったこともあってクレジットカードは必須だといっても良いでしょう。

そこで、クレジットブラックの方におすすめなのが「家族カード」です。もちろん家族カードを入手するためにはいくつかの条件をクリアしていなくてはなりませんが、安心してクレジットカードが使えることを考えると試してみる価値はあると思います。

家族カードの仕組みとは?


まずは家族カードとは何なのか、について把握しておきましょう。家族カードは本会員の持つクレジットカードに「家族も利用できるクレジットサービス」を付帯させる機能になります。

支払いは本会員が指定している口座に一括で請求される形になります。家族カードは本カードと比べると利用限度額が少なめに設定されていますが、金利などについては本カードと同じになっていることがほとんどです。

家族がクレジットカードを持っていること


クレジットブラックの人が家族カードを作るための第一の条件として「家族がクレジットカードを持っていること」が挙げられます。家族カードの対象は生計を共にしている家族になっていることがほとんどです。

親、もしくは配偶者や子供がクレジットカードを所有していなくてはなりません。さらにいうとそのクレジットカードに家族カード機能を搭載できる必要もあります。家族カードを作成する際に審査するのはあくまでも「本会員」です。

クレジットカードを所有している時点で信用情報はクリーンなものだと判断できます。ですので家族カードを使う側がたとえクレジットブラックだとしても関係ありません。

クレジットカード所有者の返済能力が十分で、家族カードを使う人が生計を共にしていればほぼ無条件で作れるといっても過言ではないレベルです。

ただし例外も

クレジットカードブラックの人でも家族カードを作ることはできますが、例外もあります。まずひとつが家族カードを使用する人が過去にそのカード会社、もしくは系列会社で金融事故を起こしていた場合です。

この場合そのカード会社のシステム自体にブラックリストが残っているため、信用されずに家族カードの作成が認められない場合もあるようです。とはいえこれは珍しいケースですのでほとんど心配する必要は無いでしょう。

クレジットカードブラックに一度でも認定されてしまうと、もう二度と消費者金融や銀行から借入することができないんだ、と勘違いしている方も多いですが、家族カードを利用したり、ブラックリストが解消されるのを待つ事で再びクレジットカードを手にすることができます。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ