クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードの審査

学生専用ライフカードの審査は在籍確認なし?学生に人気のカードを解説します。

更新日:

学生専用ライフカードに入会するにあたり、
「審査に通りやすくなるポイントはあるのか」
「在籍確認の電話連絡なしにカードをつくる方法はないか」
と考える人もいることでしょう。

そこで今回は、学生専用ライフカードに申し込みの流れや在籍確認の有無、審査に通りやすくするためのポイントについて解説します。

学生専用ライフカードに申し込みをする前にこの記事を読むことで、事前に気をつけるべきポイントが理解できるはずです。

ぜひ参考にしてくださいね。

在籍確認がないのは本当なのか?

学生専用ライフカードの申し込み対象は、高校生を除く18歳以上の大学生・専門学校生・短大生・大学院生などです。
未成年は保護者の同意が必要ですが、応募条件を満たして入れば誰でも申し込みができます。
では、学生専用ライフカードの審査にあたり、在籍確認があるかどうかを説明しましょう。

基本的には在籍確認は行われない

学生専用ライフカードに限らず、ライフカードの入会審査では、在籍確認の電話連絡があることはほとんどないといわれています。

アルバイトなどで安定収入があり、カードの利用金額をきちんと支払うことができる学生と見なされれば、審査に通るのは難しくありません。

学生専用ライフカードの場合、保護者の収入が考慮されるので、審査に通りやすいのです。

そうした理由により審査はゆるめなので、初めてクレジットカードに入会する学生にはハードルが低いといえるでしょう。

めったにないが、在籍確認が行われる場合はこんな時

学生専用ライフカードの審査に際には、基本的には在籍確認の電話がかかってくることはありませんが、中には以下のように例外もあります。

  • 応募条件を満たしていない
  • 同時期に複数のクレジットカードに申し込みをしている
  • カードローンも含めて、すでに他社から借り入れをしている
  • 保護者の同意が得られているかどうか確認できない
  • 申込内容に間違いがある

などのケースです。

こうした条件にあてはまる人は、審査の段階で在籍確認の電話がかかってくる可能性があります。

また、在籍確認以前に審査に落ちることもあるので、注意が必要です。

審査の流れについて

実際に学生専用ライフカードの申し込みをしたら、審査がどのように行われるのか、気になる人も多いことでしょう。

そこで、学生専用ライフカードの審査の流れについて、詳しくご紹介します。

申し込み方法によって審査からカード発行までの時間が異なるので、それぞれのケースについてお話ししますね。

WEB完結申し込みが一番早く手元に届く

1日も早く学生専用ライフカードを手に入れたいと考えているなら、WEBで申し込むのが一番です。
ライフカードの公式サイトに申し込みフォームが用意されているので、そこにアクセスして必要事項を入力します。

学生専用ライフカードの申し込みあたって必要な入力事項は以下の7つとなります。

  • 氏名
  • 年齢
  • 居住状況
  • 職業(アルバイトで可)
  • 年収
  • 勤続年数
  • ほかのローンの有無

WEB申し込みの場合はさらに3つの作業が発生する

  • 本人確認書類の画像送付(運転免許証・パスポート・健康保険証など)
  • 個人情報の取り扱いに関する規約の確認と同意
  • カード利用額引き落とし口座の指定

WEBで申し込む際、ライフカードの引き落としができる金融機関に口座を持っていなければなりません。

申し込む前に、きちんと確認しましょう。

すべての申し込み手続きが終了すると、審査結果がメールで届きます。

審査にかかる時間はどのくらい?

最短で1営業日、WEB申し込みの場合は長くても3営業日が目安です。

審査に通っていれば学生専用ライフカードが発行され、最短だと申込日から3営業日で手元にクレジットカードが届きます。

通常の申込方法より早く、クレジットカードを手にすることができるので、発行を急いでいる方にぴったりです。

通常の申し込みをする場合について

もし、自分が利用している金融機関がライフカードの指定対象外だった場合は、通常申し込みをしなければなりません。

その理由は、クレジットカードの利用額を引き落とすために、口座振替依頼書をライフカードに郵送する必要があるからです。

その場合、審査に必要な書類がライフカードに届いてからの審査になるので、最短で10営業日かかるケースも珍しくありません。

審査が終了してからカードが発行され、郵送になるので、手元に学生専用ライフカードが届くまでに2~3週間ほどかかる場合もあります。

かかる時間を考えると、ライフカードが指定する金融機関で普通口座を開設してから、学生専用ライフカードを申し込む方が早いでしょう。

実際に申し込みをした利用者の感想を調査しました。

実際に学生専用ライフカードに申し込んだ方の感想を、いくつかご紹介します。

紹介した通り、学生専用ライフカードに申し込んでよかったと感じている学生が多いので、ぜひ入会を検討してみましょう。

審査に通りやすくする方法はキャッシング枠を設定しないこと

申し込みにあたって、学生専用ライフカードの審査に通る確率をあげたいなら、キャッシング枠を設定せず、0円にするのがベストです。

キャッシングでは、ライフカードが現金を貸し出します。

そのため、返済能力があるかどうか、より厳しく審査されることになるのです。

まずはキャッシング枠を0円にして申し込み、学生専用ライフカードを使用して返済実績を十分に積んでから、キャッシングを申請する方がスムーズに入会できます。

審査に落ちた。考えられる原因は何?

比較的審査がゆるいとされる学生専用ライフカードですが、審査に落ちる人がいるのは事実です。

そこで、学生専用ライフカードの審査に落ちる際に考えられる原因について、まとめてみました。

原因1:申込条件を満たしていない

学生専用ライフカードの申込条件は、高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に在籍していることです。

さらに、卒業予定の1か月前の月末までしか申し込むことはできません。

原因2:入力内容を間違うなど本人確認ができない

学生専用ライフカードに限らず、クレジットカードは第三者の不正利用を防ぐために、本人確認が重要となります。

入力した住所と本人確認書類の住所が異なっており、本人と連絡が取れなかった場合、審査に落ちることがあります。

原因3:親権者の同意が得られない

未成年の場合は、安定収入があっても、親権者の同意を得られなければ、学生専用ライフカードに入会することはできません。

申込前に必ず保護者に、その旨を伝えておく必要があります。

原因4:過去に金融事故を起こしている

以下2つのケースに当てはまると審査に落ちる確率が高まります。

  • すでにほかのクレジットカードや車などのショッピングローンがある
  • 過去に返済が遅れたことがあり、個人信用情報機関に金融事故として履歴が残っている

また、一度に複数のクレジットカードの申し込むことも、審査に落ちる原因となります。

まとめ

今回は、学生専用ライフカードの審査について説明しました。

振り返って整理すると

  • 学生専用ライフカードの審査はゆるめで、在籍確認も基本的にない
  • 審査は最短で1営業日、長ければ10営業日ほどかかる
  • キャッシング枠0円にすると、審査に通りやすくなる

の3つがあげられます。

この3つを理解していれば、審査期間からカードが手元に届くまで、必要以上に不安を感じなくて済むはずです。

ぜひ参考にして、学生専用ライフカードを手に入れてくださいね。

-クレジットカードの審査

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.