クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードの審査

30代で個人信用情報が真っ白な人は審査に受からない?

更新日:

150225b

クレジットカードの申し込みをすると審査が実施され、その一環として個人信用情報機関で照会をします。

個人信用情報は、過去皆さんがどのようなカードやローンを組んできたのか、取引履歴はどうかといったことが登録されています。

もしクレジットカードを今まで一切持ったことがない、ローンも一切組んだことがないという人は個人信用情報が真っ白です。書くべき情報がないからです。しかしある程度の年齢に差し掛かって、個人信用情報が真っ白だと、スーパーホワイト扱いにされてしまうのです。

クレジットカード業界の高齢とは

個人信用情報の中でもスーパーホワイトの人はもちろんいます。たとえば、20代前半で社会人1年生であれば、今まで一切カードを持ったことがなくてもある意味当たり前です。

しかし就職すれば、カードを何枚か持つ、何らかのローンを組むことが出てくるはずです。

実際社会人になると、平均して2~3枚程度のカードを持っているのが常識です。このような風潮も見て、クレジットカード業界では「ある程度の年齢になれば何らかのクレヒスが個人信用情報に書かれていて当然」と思うわけです。

一般的に30歳に差し掛かれば、クレジットカードの1枚も持っているはずだし、ローンを1回くらい組んだことがあると思われます。

そこで30歳以上で、個人信用情報に何も書かれていない人はカード会社も首をかしげてしまうわけです。このような人を高齢スーパーホワイトと呼びます。

クレジットカード業界では30歳は高齢という認識

30代で高齢といわれるのは心外だという人もいるかもしれませんが、カード業界では実際30歳以上は高齢扱いします。

特に30歳以上の男性で、独身、賃貸暮らしをしている人というのは条件が厳しくなるといわれています。しかも一切クレジットカードを持ったことがない、今まで現金ですべて取引してきたとなるとカードの審査はかなり厳しくなります。

元ブラックを疑われる

個人信用情報に書かれている情報は、大きくホワイトとブラックに分けられます。ホワイト情報とは、カードやキャッシングに関する顧客情報や健全な支払履歴の情報をさします。

一方ブラック情報は、債務整理や延滞などの金融事故の情報です。

スーパーホワイトが問題なのは、ブラック情報も確かにないですが、ホワイト情報もない所です。

つまり与信という部分では全くの未知数、個人信用情報では何とも言えないというわけです。

このような債権を回収できるかどうか、一種の丁半博打のような人にわざわざカード発行する必要はあるでしょうか?

信用情報が全くない人にカード発行するリスクを、カード会社は正直冒したくないわけです。

元ブラックなのか、スーパーホワイトなのか

そしてスーパーホワイトになる理由として、今まで一切カードやローンを利用しなかったほかにもう1つタイプがあります。

それは元ブラックの人です。債務整理や延滞をしてブラック情報が登録されたけれども、一定期間が経過してブラック情報が消えるケースです。

通常カード会社の利用する個人信用情報機関であるCICでは、5年経過するとブラック情報は消えます。しかしこの5年間は、カードを持つこともローンを組むこともできません。

ということはブラック情報以外に乗せるべき情報は一切ないわけです。

そのような状況で、ブラック情報が消えれば真っ白の信用情報が残り、これまたスーパーホワイトになるわけです。

元ブラックなのか、一切今まで利用履歴がないかを真っ白の個人信用情報で区別はできません。

しかも上で紹介したように、30歳以上になればカードやローンを利用しているはずという先入観があります。

その結果、高齢でスーパーホワイトだと「元ブラックの人なのではないか?」とあらぬ疑いをかけられてしまうわけです。

-クレジットカードの審査

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.