私がJALカードの申し込み審査に通過をした経緯について

名前(仮名) TOHEIJI
年齢 45歳
性別 男性
職業 自営業
月収 20万円
審査通過先 JALカード

申し込みをしたきっかけについて

私がこのJALカードの申し込みをしたきっかけについてですが、実は最初は興味本位で、まさか審査が通過をするはずがないと考えながら、ポイントサイト上にあった、申し込みフォームから申し込みをしたような感じでした。

クレジットカードとキャッシュサービスからなる両方の機能が備えられたカードでしたので、やはり持っていれば役に立つ時があると思い、そのままフォームからの申し込みを行いました。

そして約2日後になり、なんと、審査通過をして、厚い商品説明書と借り入れ契約書その他の関連書類が同封された封筒が、私宛に本人配達証明郵便で到着しました。本当にその時まさかとは思いつつ、正直こんな事もあるのだと思い、内心、嬉しさと疑問の気持ちの両方でした。

現在利用をしているJALカードのサービス内容

現在も利用をさせて頂いているこのJALカードですが、真のその力を私自身が思い知るのは、手にしてからのそれからでした。クレジット、キャッシングのそれぞれのサービスが、最大限度額で30万円分ずつの、私が申し込んだ通りの設定額になっていました。

ちょうどその時、私は自分が所有していた電動アシスト自転車で、こちらの現在住んでいる都城と実家がある曽於市との間を往復しようと考えていましたが、そのための予備のリチウムイオン電池を購入しておきたいと思っていましたので、そのための購入に、試しに利用をしてみようと思い至り、使う事にしました。

するとその電池の販売元の業者の方から、注文の電話の際に、あの佐川急便さんのe-コレクトサービスでの支払いの際に、このJALカードのクレジットサービスでの支払いをすればよいとの旨を聞きましたので、その通りに支払いを行う事としました。

そして商品到着日になり、同カードでのクレジット払いを行いました。すると、最大5回払いが可能であるといった表示がやり取りでの佐川急便さんの機械の画面表示がなされましたので、購入価格3万円台で、一月あたり5千円ずつの支払いが可能である事がわかりました。そして順調に支払いを行い、一度も支払い遅延なども無く、そして今月、ようやく完済を遂げる事が出来ました。

実際に利用をしてみた感想

今話したリチウムイオン電池の購入の例をはじめ、このJALカードのクレジットサービスローンは大変役に立つ、とくに私の自営業者や事業主のような人間にとっては、大変貴重なアイテムかもしれません。

私達みたいな個人事業主の場合、どうしても、その月によっては順調に様々な事情により業績が振るわないような場合とかもあります。そうした月での支払いの際には、現金無しでの分割払いが可能な、このJALカードのVISAシステムによるクレジットサービスローンとかが、まさにうってつけといえます。このようなクレジットサービスに関しては、ローン支払い用のための商品としてはJALカードは無くてはならない存在であるといえるものかもしれません。

まとめ

リチウムイオン電池の購入以外には、曽於市側の実家にいる父がたまたま自身の軽自動車のバッテリー交換をやっておらず、コンビニの駐車場でエンストを起こしたりした際に私が運よくその場に一諸にいたので、いつも車検を受ける整備工場にて、支払い分割購入が出来たといったような、急なピンチなどにおいて確実に力を発揮したりしています。

本当に現金を使いずらい、あるいはそれの手持ち自体に余裕とかが無いような場合とかには、大変役に立つ、支払いのピンチヒッターであるといっても、決して過言ではありません。こうした現金が必要ではなく、急な出費でも月々の低額での無理のない支払いなどが可能であるといった点において、このJALカードのクレジットローンは大変役に立ちます。

恐らく、これからも大いに急な出費などの面において活躍をしてくれる場がきっと多くなってくる可能性なども十分に考えられますので、これからも大事に、無駄使いをしたりするような事が無いよう使いこなしていきたいと、私は考えています。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ