M社が扱うキャッシングとクレジットの両方を備えた、ローン商品の申し込みについて

名前(仮名) TOHEIJI
年齢 45歳
性別 男性
職業 自営業
月収 15万円
審査通過先  

私がこの商品を選んだ理由について

私がこの商品を申し込んだ理由についてですが、やはりこれまでには無い大変低価格の相場である1回あたりの手数料や、インターネット上の同商品であるMカードを扱うS社が運営をしている公式ぺージ上にある申し込みフォームなどを利用して、同商品の利用申し込みなどが可能であり、長時間に亘る電話申し込みでの時間的コストを回避が出来るという理由がまず大きいといえます。

Mカード自体は今年の2月末辺りに申し込み、審査が無事に通り手元にカードがもう既にあるという状態ですが、キャッシュ機能では取引に限界がある高額な物品や商品類などの購入の場合には、クレジット機能システムなどを利用して購入が可能であったりしますので、とても助かっています。

ただ、さすがに私自身も、やはり収入面や現在やっている事業面においての資本金の額などの面で限界がありますので、なるだけ衝動買いや無駄使いなどをしないよう、日頃から心掛けるようにしています。そのおかげで支払いなども滞るような状態にしないようにしていますので、そうした面でも自分なりの工夫をしていくようにしています。

他の貸付サービスには無い、この商品の特徴

実はこのS社が発行しているMカードにはなんと、最初からキャッシュとクレジットの両方のシステムが付いており、そのうえ支払い方法の選択や希望などを連絡フォームから出来るようになっていますので、大変便利な借り入れ仕様になっています。

そしてなんと、申し込みのやり方によっては、連絡フォームからの申し込みあるいはS社が配信をするメールなどを通じて、紙面式の利用明細ではなくインターネット式のメールによる明細表示をされる事も可能であり、紙面が溜まるような事態や資源面などにおいてもかなりな低コストによるメリットとかもありますので、大いに利用すべき価値があるものと考えられます。

そして、このMカードには年間利用料が無料であるETCシステムや紛失や損壊、データ破壊などその他をはじめとするトラブルなどの場合においての保険補償制度なども有料ですが低料金で付いていたりする面もありますので、大変使い勝手の良い商品という点が、大きな特徴です。

この商品をこれから使う可能性の有り得る場面について

こうした、キャッシュとクレジットとのハイブリッドの仕様である貸付商品のMカードですが、まだまだ今後大いにそれ自体がシステム上においての改良をされていくような可能性は、大いに有り得ます。

例えば、現在は起業間もなく中々事業用のカード申し込みや借り入れなどを行えないような方でも、ベンチャー企業などと同じ新顔事業者などと同じ扱いで申し込みや審査通過が可能な仕様になったりするような仕様改良とかがなされたりしていく可能性なども十分考えられますので、それだけにビジネス面でのあり方が充実をされたりするだけではなく、それにより世の中においての正常なお金の流れに貢献をし、経済発展の面でも大変メリットがありますので、このような仕様の商品へのMカードの仕様改良などがなされたりしていくような面は、大いにあります。

また、何とこのMカードを利用をしているというだけで、このS社が扱う各種保険商品への加入を無条件で出来たりするようなサービスが備えられたりするような場合なども有り得るかもしれませんので、今後が楽しみといえます。

今後のこのタイプのカードローンのあり方の予測について

現在は実物のカードのカタチですが、これからはカードとアカウント設定あるいはモバイル端末でのデータ仕様になったりするような変化も考えられます。その分確かに、持ち運びや保管などの面において大変便利にはなるような面なども少なくはありませんが、その分保有者本人の全てが皆が皆、それを安全に管理をし切れるかについては、大いに疑問がある面が少なくはありません。

なぜなら、カード以外のデータやアカウントのみでの扱いの仕様などになったりすると、その分本人自身ももう少し高度なコンピューターシステムやデータプログラムなどについての知識が必要になってくるような場合が少なくは無いからです。こうした点においても、利便性の面での改良の余地のあり方などには、まだまだ課題があるものと考えられます。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ