クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

セディナカード

セディナのOMCカードはライバル店でもお得にポイント倍増

更新日:

買い物をすればするほど、どんどんお得なポイントが付いていくのがクレジットカードの魅力です。
#1028_OMC.eps
でも、条件に当てはまるお店にはそれほど行かない、ということもありますよね。もし、普段通っているスーパーやコンビニの行く先々で同じようにポイントが付いていけば、どれくらいお得になるでしょうか。

そんな夢を実現させてくれるのが、OMCカードです。

ほかにもさまざまな機能を持ったこのクレジットカードについて、詳しく見ていきましょう。

公式ページへ

イオングループに統合されてさらに使いやすくなったOMCカード

OMCカードは、三井住友フィナンシャルグループのクレジットカード会社「セディナ」が発行するクレジットカードです。

年会費は本人が1,000円、家族会員は300円です。

ブランドはVISA、MasterCard、JCBの3つから選ぶことができます。ハローキティのデザインを選ぶことができるのも、女性ファンにとってはうれしいですね。

OMCカードといえば、かつてはダイエーのクレジットカードという印象が強かったと思います。そのダイエーも経営不振からイオンに統合され、OMCカードも「わくわくポイント」のシステムに変更されました。

そのため、現在ではダイエーとイオンの両方でお得なポイントが付くようになっているわけです。

貯めたポイントは、さまざまな商品や、dポイントなどの他社ポイント、商品券、また少し金額は下がりますが、JALマイルや現金にも交換することもできます。

利用額が増えれば増えるほどポイント還元率もアップ

OMCカードの基本となるポイント還元率は0.5%です。

この数字だけ見るとあまりお得とは思えません。しかし、OMCカードは2016年3月からサービスをさらに強化して、毎月の利用額が5万円を超えた場合には、ポイント還元率が2倍になるようにしました。

5万円と聞くとハードルが高そうですが、食費だけでなく通信費などもすべて含めれば、一世帯で簡単に超えてしまう金額です。

ちなみに、年間の利用額が60万円を超えていると、翌年度の年会費も無料になるので、その点でもお得になります。

これに加えて、わくわくポイントでは前年度の利用額に応じて「トクトク!ステージ」がランクアップするので、最大1.3倍までポイント還元率を増やすことができるのです。

ライバル店を利用してもポイントが倍増?

OMCカードのお得なシステムは、まだまだこれだけではありません。

グループのイオンやダイエーはもちろん、ライバル他社であるはずのイトーヨーカドーやその系列であるコンビニのセブン-イレブンで利用すると、何とポイント還元率が一気に3倍になります。

これらのスーパーやコンビニがすべて近くにない、という人はほとんどいませんよね。
もちろん、3倍というのは曜日や時間帯にはいっさい関係なく、つねに3倍です。

ほかにも、同じスーパーのマルエツなどでは、毎月1日、第1日曜日の「わくわくポイント2倍デー」や、ポイント利用で価格が5%オフになる、毎月第2、第4日曜日の「お得なご優待デー」のサービスが行われています。

また、クレジットカード会員限定のショッピングモール「セディナポイントモール」からAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどを利用すれば、ポイントが3~21倍になります。

このように、実店舗からネット通販まで、ほとんどの場面でOCMカードでは3倍以上のポイントが付くようになっているのです。

イオンカードとどっちがお得?

では、これほどお得なOMCカードにもデメリットはあるのでしょうか?

唯一あるとすれば、今ではイオングループのクレジットカードが、イオンカードとOMCカードの2つに分かれているという点です。
イオンでより多くの買い物をする方にとっては、イオンカードのほうがよりお得になることは間違いありません。

また、OMCカードではETCカードの発行に1,000円の手数料がかかってしまいます。
その点もふくめて、どちらのほうが自分に向いているのか、あるいは使い分けすればよいのか、ということも考えて選ぶようにしましょう。

将来的にはOMCカードはイオンカードに統合されてしまうかもしれない、という不安もありますが、今回のような新サービスの導入を見ているかぎり、まだまだ新規会員を取り込むつもりが十分にあるようです。

イオンを利用しない人にもおすすめ

もともとお得なクレジットカードとして人気のあったOMCカードですが、今回のサービス強化によって、ますますその内容がパワーアップしました。

かなり多くの店舗でお得にポイントが貯められるので、イオンを利用していないという人も、ぜひ検討してみてください。
日常的に使えるクレジットカードで、これほどお得なカードはほかにありません。

公式ページへ

セディナOMCカードのスペック

セディナOMCカードのスペックを以下の表にまとめました。ぜひ参考にしてみて下さい。

キャンペーン情報など カード
年間の利用額が60万円を超えていると、翌年度の年会費も無料!
>>>詳しくはこちら
#1028_OMC.eps
年会費 初年度 1,000円
2年目以降 1,000円(年間の利用額が60万円を超えていると、翌年度の年会費も無料)
申し込み資格 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
発行期間 約3週間
海外旅行保険期間 -
保険適用条件 -
海外旅行保険 死亡・後遺障害 -
傷害・疾病治療 -
賠償責任 -
携行品損害 -
国内旅行保険 死亡・後遺障害 -
傷害・疾病治療 -
賠償責任 -
携行品損害 -
空港ラウンジ -
ショッピング限度額 -
キャッシング -
電子マネー -
ETCカード 1000円
支払い 一回 ニ回 ボーナス 分割 リボ その他
-

公式ページへ

-セディナカード

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.