事業主が持つべきゴールドカードならアメックス・ビジネス・ゴールド

アメックスが発行するカードの中で、ゴールドは3種類あります。まずはアメックス・ゴールドカードです。



これは一般の人でも持てる、ハイステータスなゴールドカードです。ほかにはここで紹介するアメックス・ビジネス・ゴールドがあります。
これには個人事業主と法人用の2種類があり、それぞれに魅力が備わっています。
アメックス・ビジネス・ゴールドとアメックス・ゴールドカードはほとんど同じです。
個人向けであるアメックス・ゴールドカードとの違いは、ゴールドカードの通常機能に加えてレンタカー優待サービスや会議室貸出優待サービスなどビジネスに関連したサービスが受けられるようになっている点です。
年会費は他社のゴールドカードと比較してもやや高いかもしれませんが、アメックス・ゴールドカードより安く設定(26000円+税)されていますし、単純なカード機能だけでなく、ビジネスに必要なものが付け加えられているので、経営者にとってはより使いやすいゴールドカードになっているかと思います。


アメックス・ビジネス・ゴールドの特徴


ビジネスマンに向いた特典!
追加カードが持ちやすい!
経費処理が簡素化できる!
付帯保険が最大1億円の補償!

公式ページへ

ビジネスマンに向いた特典!


なんと言ってもビジネスに向いたサービスや特典が充実している点でしょう。
取引先の情報や市場動向を調べるビジネス情報調査代行サービス (登録制)があり、国内外の企業情報だけでなくマーケティング情報や様々な検索および調査を代行してくれます。
「帝国データバンク」や「東京商工リサーチ」のデータベースから企業情報をオンラインで取得できる登録制のサービスもありますし、経営相談電話窓口といったコンサルティングも用意されています。
ほかにはヘルスケアや福利厚生プログラムなども利用できますし、四半期ごとのカード利用の管理レポートも受け取ることが可能です。

追加カードが持ちやすい!


家族カードや高速道路のETCカードなどもありますが、ビジネス向けのアメックス・ビジネス・ゴールドなら、社員などにも持たせることができるので、誰がいつどこでどれくらい遣っているかが把握しやすくなります。
ですので、経営者にとってもかなりのメリットになるのではないでしょうか。

経費処理が簡素化できる!


追加カードも合わせて、支払い口座を一本化できるので、使用量の把握もしやすい上に、経理処理の簡素化が図れます。
ですので、個人事業主や中小企業などの法人でこのアメックス・ビジネス・ゴールドを作っている場合、特に管理がしやすく人件費などもだいぶ抑えることが可能になります。
まさにビジネス向きのカードです。


付帯保険が最大1億円の補償!


アメックス・ビジネス・ゴールドもアメックス・ゴールドカード同様に、付帯されている旅行保険が最大1億円という高額補償設定になっています。
ビジネス上ですと出張が多くなるかと思います。
中小企業でも世界中で展開していることが当たり前になった昨今。海外出張となればハードな仕事になることは間違いないでしょう。
毎日朝早くに起きて、長距離を移動し、夜は接待などで食事。慣れない環境で体調を崩したり、交通事故に遭ってしまう可能性も高まります。
そんなときの安心材料として、こういった付帯保険はありがたいものです。

このようにアメックス・ビジネス・ゴールドはアメックス・ゴールドカードよりもよりビジネスに密接なカードだと言えます。個人事業主や会社経営者は絶対に注目するべきカードです。

公式ページへ

アメックス・ビジネス・ゴールドのスペック


キャンペーン情報など カード
入会から1年間に200万円以上のご利用で30000円分のボーナスポイント!
>>>詳しくはこちら
anaamexcard
年会費 初年度 26000円(税抜)
2年目以降 26000円(税抜)
申し込み資格 25歳以上の有職者
※学生、主婦、派遣社員、一部契約社員は申し込み不可
発行期間 約1ヶ月
海外旅行保険期間 期間は最長90日
保険適用条件 旅行代金を該当カードで支払いの有無で補償金額が異なる
海外旅行保険 死亡・後遺障害 最高1億円
傷害・疾病治療 最高300万円
賠償責任 最高4000万円
携行品損害 最大50万円 自己負担3000円
国内旅行保険 死亡・後遺障害 最高5000万円
傷害・疾病治療
賠償責任
携行品損害
空港ラウンジ 国内39ヶ所、海外3ヶ所
ショッピング限度額 50万円~
キャッシング
電子マネー QUICPay
ETCカード 無料
支払い 一回 ニ回 ボーナス 分割 リボ その他


公式ページへ

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ