2種類の電子マネーの搭載されたオリコ「iB (iD×QUICPay)」の魅力はどこにある?

オリコ「iB (iD×QUICPay)」は最強の電子マネー機能付きクレジットカードです。
最近ではクレジットカードに電子マネー機能の搭載されたものも増えています。現金がなくても端末にカードをかざすだけでショッピングでき、コンビニやスーパーでちょっとした買い物をする時に大変重宝します。

電子マネー機能付きのクレジットカードを探しているのであれば、オリコ「iB (iD×QUICPay)」はおすすめです。iDとQUICPayというツートップの電子マネーが搭載されています。キャッシュレスでどこでも買い物できるので、財布いらずになるでしょう。

公式ページへ

実質年会費無料にできるクレジットカード

オリコ「iB (iD×QUICPay)」ですが、年会費として1250円かかります。しかし実質年会費永年無料でカード利用することも十分可能です。
まずオリコ「iB (iD×QUICPay)」に入会した初年度はだれでも無料です。そして翌年度以降ですが、前の年に年に1回でもカードショッピングをすれば無料になります。年に1回カードを使って買い物をすればいいわけですから、ずっと年会費無料でオリコ「iB (iD×QUICPay)」を持ち続けるのも難しい話ではないでしょう。

ちなみにカードショッピングを年に1回行えば年会費無料になり、その買い物の代金がいくらかは一切関係ありません。たとえばコンビニでスポーツ新聞を購入するために立ち寄って、130円とか140円の新聞紙1枚カードで購入すれば、翌年度の年会費はそれだけで無料になるわけです。

海外旅行傷害保険がついてくる
実質年会費無料のオリコ「iB (iD×QUICPay)」ですが、スペックはなかなかです。その中でも見逃せないポイントは、海外旅行傷害保険が自動付帯するところです。カードを持っていれば、海外で病気やけがで現地の病院で治療を受けたなどの万が一の事態でも保障を受けられます。しかも最高2000万円までの補償に対応しているので、年会費の割には手厚い保障になっています。

海外旅行や出張にけっこう何度も訪れる人にとっては、心強いサービスといえるでしょう。海外を旅するにあたって、掛け捨ての保険に空港で加入する光景をしばしば見かけます。しかしオリコ「iB (iD×QUICPay)」に入会すれば、このような面倒な手間を省けるわけです。しかも海外旅行傷害保険がついていても、年会費が上がることもないです。

オリコ「iB (iD×QUICPay)」の気になるポイントプログラム
ほとんどのクレジットカードで、カード利用すると一定のポイントが付与されるシステムを導入しています。オリコ「iB (iD×QUICPay)」も例外ではなく、スマイルポイントが1000円のショッピングごとに1スマイル貯まります。
このスマイルですが、1スマイル=5オリコポイントに移行できます。ちなみにこの移行には最低条件はなく、1スマイルから交換ができます。

オリコポイントは、いろいろなポイントプログラムと交換することが可能です。具体的にはTポイントや楽天スーパーポイント、Amazonのギフト券、iTunesのギフトコードに変更できます。その他にもJALとANAの両方のマイレージプログラムに移行することもできます。飛行機を頻繁に利用する人は、マイルとどんどん交換をするのも良いかもしれません。

ちなみにスマイルですがオリコポイントに変更しない方法もあります。スマイルの獲得数に応じて、いろいろな景品と交換できるサービスも用意されているからです。生活用品を中心として、いろいろな景品が用意されています。一度ホームページなどに掲載されている景品情報を確認してみると良いでしょう。

公式ページへ

オリコ「iB (iD×QUICPay)」のスペック


キャンペーン情報など カード
入会後4ヶ月はスマイルポイント3倍!
>>>詳しくはコチラへ!
年会費 初年度 無料
2年目以降 1250円(税抜)
申し込み資格 高校生は除く満18歳以上の方。
発行期間 約1週間
海外旅行保険期間 期間は最長90日
保険適用条件 カードを持っているだけで自動付帯
海外旅行保険 死亡・後遺障害 最高2000万円
傷害・疾病治療 最高200万円
賠償責任 最高2000万円
携行品損害 最高20万円、自己負担額3000円
国内旅行保険 死亡・後遺障害 最高1000万円
傷害・疾病治療
賠償責任
携行品損害
空港ラウンジ
ショッピング限度額 10~300万円
キャッシング 10~100万円
電子マネー iD、QUICPay
ETCカード 無料
支払い 一回 ニ回 ボーナス 分割 リボ その他


公式ページへ

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ