デビットカードはamazonなどのネットショッピングで大活躍してくれる!

20151225
デビットカードはコンビニやスーパーといった実店舗で利用する機会も多いでしょうが、中でもネット通販関連で使いやすいのが大きな特徴ではないでしょうか。

ネット通販の代表格といえばamazonや楽天などが挙げられます。日用品から書籍、スイーツなどほぼ何でも購入することができます。

amazonの場合、クレジットカードの支払い、代金引き換え、コンビニ払い、銀行振込など色々な支払い方法が用意されています。

最もスピーディーに支払いができるのはクレジットカードでしょう。また、クレジットカードなら「今は手持ちのお金がないけれどすぐ欲しい!」という時にもかえます。

これがクレジットカードの最大の強みだと言えるでしょう。

しかし何らかの理由でクレジットカードを作ることができない人もいますよね。そういった場合は「デビットカード」を使ってみましょう。

デビットカードは銀行口座にお金が入っていればクレジットカードと同じようにすぐに買い物ができます。

デビットカードはクレジットカードと同じ支払い方法


amazonは国際ブランドであるVISAの支払いに対応しています。つまり、VISAデビットカードなら支払いができる、ということです。

amazonでデビットカードを使って支払いをする場合、必要な代金は即座に銀行口座から引き落としされる、という流れになります。

クレジットカードのように一時的にカード会社が肩代わりする、ということもないので「お金がないのについつい使いすぎてしまった」というリスクはありません。

無理にデビットカードを使わなくても代金引き換えで良いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、代引手数料が必要ありませんし、何よりデビットカードにはポイント還元があります。

クレジットカードと比べると還元率が低い傾向にはあるものの、代引と比較すれば明らかにお得ですよね。

まとめ


今回はamazonにスポットを当てて紹介していきましたが、楽天市場を始めとした他のネットショップでも同じことが言えますし、月額系のネットサービスなどにもデビットカードでの支払いができます。

クレジットカードが使える支払い方法ならデビットカードが使えると言っても過言ではありません。

クレジットカードを持っていない人、作ろうと思ったけれど審査落ちしてしまった人。その方たちはデビットカードを検討してみてはいかがでしょうか。

デビットカードは審査が無いので、誰でも作ることができます。中学生を除く15歳以上であれば申し込めるところがほとんどですので、学生や無職、専業主婦の方でも気軽に作れます。

デビットカードを発行している銀行によって付帯サービスの内容に違いがあったり、年会費の有無が分かれるのでこのあたりをしっかりと比較した上で選んでいきましょう。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ